知らなかった!古い切手の価値!

古い切手にも、価値がある!

手紙を出す時に必要不可欠な切手ですが、ただ手紙に貼るだけのものだと思ったら大間違いです。実は切手には、とっても価値のあるものが存在するのです。
もし、昔の古い切手が出てきたら、それは処分せずに大事に保管しておいた方がいいでしょう。何故なら、古い切手の中には「プレミア切手」と呼ばれるものがあるからです。プレミアがついているものは、数千円の価値があり、中には1枚で数十万円するものまであるのです。もちろん、古い切手なら全部に価値がある、というわけではありません。当然の事ながら、プレミアのついた切手はとても数少ないのです。
近年では、古い切手を査定して買い取りを行う業者も数多く存在します。中にはメールで暫定査定依頼を受け付けているところもあります。

価値のある切手とは、どんなの?

プレミア切手の中でもっとも有名なのは「見返り美人」「月に雁」などです。この2枚は当時、1万円から2万円の値段で販売されていた、とても高級な切手なのです。そして初回発行数量がわずか2万枚ほどの「逓信記念日小型シート」や、昭和立太子の記念に発行され、発行枚数8万6000枚の「儀式のかんむり」もかなりの価値がついており、業者やコレクターの間では高値で取引されるそうです。その他、昭和30年以前に販売されていたものはかなり価値があるようです。日本だけでなく、外国の切手も中にはかなり希少性のあるものが数少ないですが、存在します。
ただ、どの切手に価値があるのか、素人にはよくわからないかもしれません。そういう場合は、プロの方に鑑定してもらうのがいいでしょう。